カテゴリー
未分類

Sweetmapでいろんな生活が見える

小さな男の子
私は両親がいない
泣くのは何か
さえ一人で
泣いてないから
私は寝ます。

私はこの歌から自分の詩でそれを作っていました。

元々は群馬県赤城山の子守唄でした。

家族の訪問はありません、
Sweetmapの近くで生まれたあのおばあさんを思い出しました。

みんな、いろんな生活
歩いています
思想。

あなたは一生懸命働いて生きてきました。

昼間のみんなに気付く
彼は明るく歌を歌ってそれを安らかにした。

話は変わりますが、

20時頃に食べて、ラーメン、チャーハン、餃子を食べました。

丘を登りながら。

Sweetmapから、ベルの音はずっと鳴っていました。

周りに家はありません。

私の体にはそのような鐘はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です